トリガーポイントJP整体と運命学で地域の皆様の心と身体の健康をサポートします。

FATE APPRAISAL

運命鑑定

九星気学とは・・・

九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生れた年月日の九星と干支、五行を組合わせた占術。方位の吉凶を知るために使われることが多い。
九星術を元に明治42年に 園田真次郎が気学としてまとめたものと、それ以前の九星術と合わせて九星・気学と総称される。
生年月日によって定まる九星と 十二支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と十二支を元に占う。
九星と十二支は年・月・日・時のそれぞれにあるが、このうち年と月が運勢に大きく関係するとされる。
また、生年によって定まる九星を本命星、生まれ月によって定まる九星を月命星という。
九星はある決まった法則で各方位を巡回することになっており、生年月日によって定まる九星と十二支との関係で各方位の吉凶を占う。

数命学とは・・・

同じような占術に姓名判断というものが存在します。これは結果の統計で判断します。
数命学とは問題が起きた場合、なぜそのような結果や現象がでてくるのか徹底的に分析していきます。
そうしますと不思議にある一定した数が浮かんでくるのです。
そしてその数は何を意味するかという原因を追究して判断するものです。つまり数の宿命が主で、統計的な結果は従となります。

私の運命鑑定は、九星気学・数命学の2種類で鑑定を行います。

一例に私の鑑定例を上げたいと思います。

一例に私の鑑定例を上げたいと思います。
①九星気学による鑑定
一白水星は①二黒土星は②三碧木星は③
四緑木星は④五黄土星は⑤六白金星は⑥
七赤金星は⑦八白土星は⑧九紫火星は⑨

まず本命星の③は、陽の木星で人物的には長男という表現があります。若々しく見え、声がいいのも特徴です。そして非常に行動的です。それゆえに失敗も多いのが特徴です。
恋愛や金遣いも粗くなりがちです。インスピレーションの星で発明や創意工夫などの才能にも優れます。早年運なので早めに家庭を持ち安定させるのがポイントとなります。
十干・干支の生まれでは、庚戌(かのえいぬ)ですので、働き者で、義理を大切にする戌年なのですが、自分を棚に上げ他人をとやかく言うところがあり、また身内に礼儀を咎めすぎるところがあり、家庭内の不和を招くことがあります。
人の意見を聞かないところもあるので、偏屈さを慎み、人の輪を心がけるのがポイントとなってきます。

月命星⑦は、陰の金で、金になり切れない金。不十分という意味もあり、人物でいうと少女という表現があります。愛らしく可愛いのですが、一歩間違いますと口論やトラブルになりかねないものがあります。また月の干支は酉ですので、お洒落で品行で頭もいいのですが、出世するには思慮が浅いところがあります。
十干の乙は温和なのですが、剛情。
本命星、月命星合わせて私を読み解きますと、非常に行動派で才能豊か、真面目に働き、人気もあるのですが、実はなかなか物事一定しがたく、偏屈で剛情であり、人の意見も聞き入れがたいので、人の和を心掛け、人生送れば幸福となるという事が読み解けます。また一つに従事することが大切で、早熟運ですので人生の基盤、家庭や仕事も若いうちに、基礎を築き上げるのがポイントとなってきます。

そして私の運命的な各運は

事業・・・良い
子運・・・男の子に体の弱い子、女の子は家のためになる、子運は薄い
勤め・・・良い適職 傾斜から企画関係。著述、液体に関わる仕事。
兄弟・・・病弱なものがいる。
親戚・明友・・・普通 
財運・・・普通
結婚相手・・・恋愛早い
空亡(大殺界) 辰年 巳年
用神(守ってくれる色や行動、場所)⑨なので、色は赤、神仏、写真、図書館、映画館など。
命宮(活力をあたえる)①なので、ものを書く、考え込む、思い悩むなど 
発展運 2018年 戌年は名誉の運。昨年は2017年酉年は金運。・・・

2018年今年は、本命星は北東に位置し、⑧同会なので変化の年となります。開業、継ぎ目、改革などの象意があり、また⑧の上には①があり、①には思い悩んだり、困難であったり、落胆することのあろうかと思いますが、⑧の宮であり①を剋しますので 物事は上手く行くと思います。真面目に改革のことを思い悩んで、文章や絵にし取り組めば、名誉の運と重なり仕事も上手く行くと考えられます。

②数命学による鑑定

氏名:杉﨑 努

・姓格 杉﨑 19画
△小凶 波乱孤独 頭が良く、直感力に優れるがそれがあだになる。不如意、厄難、孤独、短命、実力があっても中途挫折。配偶者、子供とも別れる運命。
他の格に良い格数があれば多少緩和。芸能関係、医者、芸者関係につくと成功するといわれています。
※一族が背負うもの。(誰か)

・主格 﨑努 19画
△小凶 波乱孤独 頭が良く、直感力に優れるがそれがあだになる。不如意、厄難、孤独、短命、実力があっても中途挫折。配偶者、子供とも別れる運命。
他の格によい格数があれば多少緩和。芸能関係、医者、芸者関係につくと成功するといわれています。
※運勢的に最も重要な画 30歳~50歳くらいまでの運勢なので最も重要。性格、才能判断する基礎。

・名格 努1  8画
〇吉  勤勉努力 健康に恵まれる。運動試験が良く、スポーツ選手になる人が多い。
戦闘的人生。勇気ある人。人の嫌がる仕事をやらせたら驚くべき成果。
※健康運、家庭運などに影響。35歳くらいまでの運勢。主格との組み合わせで晩年の安定度。

・外格 杉1  8画
〇吉  勤勉努力 顔が広く、幅広い付き合い。交友関係を整理することが大切。
※対人関係、恋愛、結婚、家庭運に影響。自分と周囲との関係。

・総格 杉崎努 26画
×大凶 反乱失意。反乱の被害者、加害者。自分の力を過大評価。
孤独。酒と異性で夭折。売買は向かずサービス業や人のために尽くす仕事 福祉、宗教家易者が良い。織田信長の持つ数字。
※一生の運勢。特に晩年運。他の格に凶数があってもこれが吉数であれば安定する。

数命学的には小凶の19画は、会社勤めには向かず1人能力を活かす仕事が向くということがわかり、さらに26画ではサービス業や易者に向くことがわかります。

やはりサラリーマンをやめこの道に入り、一人で整体院を始めましたら上手くいき安定しました。

凶数が多いので、名前もしくは仕事ネームを変えてもよいのですが、サービス業や易に携わることにより、安定してまいりましたのこのままで行こうかと思います。やはり事業ですので少々の苦労はありますが8画がありますので、窮地に追い込まれても一歩も引かない、戦闘的人生なのでこれが生きてまいります。

2つの運命学を合わせますといろいろ見えて来て、運命的に強みと弱点がわかり、活かし補うことにより平安に人生を送ることができます。

さてもう一度2018年の運勢に戻ります。

鑑定盤の右に五行運とあると思います。
これが2018年の毎月の運勢を示します。
命宮とは、世に中が私に対して要求しているもの、裏本命とは自分自身の心理状態、自分自身が感じるものです。

あと聞きなれない言葉があると思いますので解説します。

・佑気 
父母の関係。恵れた状況。 
心が弛緩。警戒心が薄れ、油断から社会を甘く見て事故を起こす。 
関心が内より外に向くので人に尽くす時期。騙されすい。 
甘さのある時期。 

・退気 
子孫の関係。与える状況。 
学問・研究・著述などによい時期。 
神経が緩。冬篭り。関心が内に向く時。   
外に向かって、手がかり無しの状況。 

・比和
 同じ五行。充電期。 
自己主張が強り、自覚的気持ちが起こる時期。独立心が強い。 
社会的に必要としていない時期なので失敗・挫折・衝突・事故など
が起こりすい傾向。片思い、厭世的な気分になり体調を悪化し
すい時期。 

・倖幸
剋す関係。妻財。攻撃の時期。 
活発に動く時期。魚が水を得た状態といえるど活動的。 
金儲け・婚期。友人を作る。 
異性に興味をつ。知識欲旺盛で多忙。 
関心が完全に外に向く時期。 

・官鬼
 剋される関係。社会が自分に改革を要求する時期。 
外圧が強る時。圧迫を感じるが受けて立つことが大事!これを乗
り越えないと敗退する。頭の回転が良くなる。成功すれば名誉を得
る。東奔西走の時期。転宅・新築・改修・旅行など 
宣伝効果があがる。環境を変化させる、生理変化をする

2018年 1月 命宮:官鬼 /裏本命:祐気

1月は改革をしろ!宣伝効果のある時期だぞ!と言われています。
確かになかなか物事上手く行かず。
乗り越えなければならないと感じています。 
自分的にはまだ1月なんだからとか...自分自身に甘かったり。
しかし、今やらなければならないときなので、自分に活を入れ
宣伝効果ありなので、店舗の宣伝に力を注いでいます。

なんとなくこの月は調子よくないなあとかありますよね。

こういった判断対応できるのが 五行運です。

TOPへ